【本当に英語が話せるようになりたいなら!3年は帰ってこないつもりで準備しよう!】賢いワーホリ術

プライベート記事(日々のこと)

 

1年海外に滞在しただけでは英語は話せるようになりません

 

今日は私が18歳~25歳の間に

ニュージーランド、カナダへ

ワーキングホリデーのビザで滞在して、

 

ああ、これは失敗したな。

こうしておけば良かったという

ことを書きます。

 

こらから、短期留学やワーキング

ホリデーへ行かれる方の参考に

なれば嬉しいです。

 

まずは、あなたの英語レベルはどれくらい

なのか分かっていますか?


 

これは大学に通っているから、英語は

得意?とかのレベルではありません。

英会話レベルです。

 

あなたはネイティブの人に街で道を

聞かれたら、すぐに英語で答えらる

自信がありますか?



 

もし、答えがNOだったとしたら、

それは海外ではきっと小学生レベル

なので、語学学校へ行っても

多分下のクラスからのスタートになります。

 

レベルが下のクラスは大抵、日本人や

アジア人がたくさんいます。

 

(ヨーロッパ人は母国語が英語でなく

てもかなり話せる人が多いので、

語学学校の上のクラスはヨーロッパ人

が多いのです)

 

18歳で何の英語の勉強もせずに、飛行機に

飛び乗った私は、本当にバカでした。

 

「若いって凄い、何も怖くない!」

の一言ですね。

だって、飛行機に乗ってすぐに泣きたく

なったのを今でも覚えています。

 

フライトアテンダントの言ってること

がわからない!

コーヒーって英語が伝わらない、、、、。

 

機内アナウンスの英語が全く聞き取れない。

 

もう、機内は不安だらけの12時間でしたね。

でも、これって普通です。

 

日本で例え、義務教育で英語を勉強

していても、それは、あくまで文法や

単語を習っているだけ。

 

海外に行って、すぐにネイティブの

人と日常会話ができる人なんて

めったにいないと私は思います。



 

だから逆に日本で勉強していこうとか、

あきらめて欲しいと思います。

 

英語は海外で学べばいい!

話せるようになればいい!

と思って下さい。



 
ちょっとは気が楽になりましたか?

 

 

もし、あなたの目標が

 

「英語を使って仕事がしたい」

「日常会話ができるようになりたい」

というのであれば、

 

最低、3年は日本に戻ってこない気持ちで

留学やワーホリ計画をたてると良いかも

しれません。

 

まあ、これは期間の長さに限界があるので、

できない人が多いでしょうけど、

 

やはり、英語はどれだけ、ネイティブ

と会話するか、交流できるかで、

変わってきます。

 

1年で帰って来てしまっては、帰国して

1か月で英語を忘れてしまいます、、、、。

 

 

 

 

 

ワーホリと学生ビザをうまく使って、そして、旅行も忘れずに

 

3年も海外に行くなんてできないよ

ーーーっていう方には無理な話な

んですが、

 

もし、2年~3年の滞在はできる。

もしくは海外で仕事を見つけたい!

 

っていうあなたは、行く前に3年は

滞在できる道を考えて出発して下さい。

 

海外の語学学校って安くないんですよ。

結構高いです。フルタイムで受講する

とさらに高いです。

 

語学学校=英語が話せるようになる

では、私はありませんでした。


 

語学学校の先生の英語はキレイな発音、

ゆっくり丁寧に話してくれますから、

長く学校に行けば、クラスのレベルも

上がります。

 

でも、実際に仕事探しをはじめたら、

言葉の壁にぶつかった。

全く、英語が通じない。

私はこんな経験をしました。

語学学校へ行けさえすれば話せる

ようになる。とどこかで甘かったです。

 

過去の留学の失敗談の記事はこちら

 

なので、英語を本気で習得したい

あなたには3年は滞在できる

プランを計画するところから

留学、ワーホリを考えると良いか

と思います。

{98A0B871-B212-415F-A5CD-AE691EC4A2B4}

 

【例えば、カナダへ3年留学編】

 

☆1年目はワーキングホリデービザを

取得して、すぐに仕事を見つける。


 

*仕事は英語力がないとだめですが、

即戦力になれば雇ってもらえます。

スタバ、マクドナルドなど、

ファーストフードを狙いましょう。

 

日本でのバイト経験が本当に海外では

役に立ちます。

ワーキングホリデーを楽しむには

バイトだけ日本でしていきましょう!の

記事はこちら

 

カナダへ出発して1か月は職探し。

部屋探し。そして、働き始める。

 

半年は同じ場所で働きましょう。

経験を積むことです。

 

☆少し、接客や日常会話になれてきたら、

もう少し稼げる、レストランに転職


 

(カナダはチップ制度があります。

ウエイトレスやウエイターは時給の他

にあなたのサービスの

良し悪しによって、チップがもらえます。)

 

私はカナダのバンクーバーの日本食や

さんでウエイトレスをしていました。

 

時給は当時8$位でしたが、チップが

8&でしたので、時給は約16$。

 

週に5日間、8時間働いて、約$2500位を月に

稼いでいたと思います。

 

その当時はお部屋は日本人とシェアして

いましたので、月に$500位。

食費はレストランの賄いでほとんど

かからず、月に$1500は貯金

していました。

 

このその国での貯金が3年滞在計画には

とてお重要なんです。

現地のお金を現地で稼ぐ。

 

そんなことで、ワーキングホリデーの

1年は働いて、お金を稼ぐです。



 

☆そして、2年目はやっと英語のお勉強です。

ビザが切れてしまいますので、学生ビザに

切り替えて、語学学校へ行くのもよし、


 

専門学校へ行くのもよし。

私は旅行関係の専門学校へカナダで

通いました。

 

授業は現地のカナダ人と一緒。

試験も英語。これで、少し、英語力も

上がったと感じました。

 

なにより、カナダ人のお友達がこの

専門学校でできたのが良かったですね。

 

☆そして、3年目は旅行です。


 

*学校に通うお金とこの旅行のお金

をしっかり日本で貯めて、そして、

現地で貯めるのが重要。

 

お金がないと海外滞在はあっけなく

終わります。


 

みなさんは時間を気にせずに海外旅行を

したことがありますか?


 

私は20代は東南アジアをバックパッカー

で回ったり、オーストラリアを一人

で一周したり、随分と旅をしました。

 

その中で旅をするって凄く英語を使う。

英語を習得するのに大切だと感じました。

 

それになにより、帰国して就職してからは、

そんなに長く旅行へ行くことも

できなくなります。

 

長い人生の間で「世界を一人旅した!」

という思い出と経験は必ず、あなたの

今後の人生の良い経験と自信になります。



 

だから、折角海外へ行ったのなら、

一人で旅行を思う存分楽しんで

欲しいと思います。

 

カナダなら、アメリカには陸続き

ですからね。

アメリカにも旅行できるわけです。

 

どうですか?夢が広がりませんか?

 

【3年計画のおさらいです】

1年目(ワーホリで働いてこれから2年の

滞在費を稼ぐ)

2年目(学校やボランティアをする)

3年目(長期旅行へ一人で挑戦)

 

私はこれを3年ではなく、約10年近くも

続けていました。

20代は日本にいませんでしたから。

 

起業主婦になって毎日、自分の好きな

ことをやっていられるのも、全部、

あの20代で海外で経験したことが

役にたっていると思っています。

 

さあ、英語を習得したいあなたは!

迷わずに、日本でバイト経験を積んで、

好きな国へ行って下さい。

 

楽しい未来が待っています。

 

次回はこんなルームメイトは気を

つけよう!です。

{74B4C9F1-7D45-4CF5-8872-A1153AECC2A3}

 

 

☆☆魔法のワンピース、冬物の新作

展示会を11月11日~26日まで開催します☆☆

横浜の関内の自宅サロンです。

 

詳細はこちらをご覧ください

 

 

着痩せして見せるって難しい?

そんなふうに思っていませんか。

 

 

着痩せして見せるには着痩せする、

色、柄、デザインを

習得すれば、明日から実践で使えます。

 

 

そんな着痩せ!に興味あるあなたにお勧めの

セミナーはこちら

「10/25・着痩せスタイリングセミナー」

 

詳細はこちらをご覧ください

 

 

 

【魔法のワンピースの通販】

ベルFacebook
 7号~15号までの全てのサイズを掲載!

ベルLine@
Line@に
ご登録いただいた方だけの特典をご用意しております
ご登録は無料!

↓5~7号サイズ専用↓

Add Friend 

↓911号サイズ専用↓

Add Friend  
↓1315号サイズ専用↓
Add Friend

 

【魔法のワンピース・代理店を募集中】

委託販売で魔法のワンピースを一緒に販売したい方、全国で募集しております。

→詳細はこちら
 

試着会や魔法のワンピースとのコラボ企画のセミナーの開催日程など、お気軽にお問合せ下さい♪

→お問合せフォーム

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました