タイにきてはっと気が付く!物の価値やお金は自分が決めるもの。自分が幸せなら麻袋でも素敵なのです!

プライベート記事(日々のこと)

私はタイが大好きです。特にバンコクに来ると自分自身と、とても向き合うことができます。

どうしてバンコクなのか?それは、とても不思議な場所だからです。バンコクは観光客も多いですが、タイ人の普段の生活も普通に垣間見ることができます。

 

例えば、私が魔法のワンピースを買い付けしている卸売りのショッピングモールにはワンピースやアクセサリーが600円~変えたりするのです。安ければ、100円以下のものもあったりします。

 

その安いお洋服、アクセサリー等をみてから、ブランド物ばかりを扱っている、高級なデパートには歩いて、5分で行けたりします。

卸売り店でみた、600円の素敵なワンピースがブランド店では10倍以上の値段、60000円で売っていたりすのです。

 

もちろん、ブランドものは、ブランドの名前のタグがあり、縫製も少し良いかもしれません。でも、製作している工場は同じなのです。

全く同じものも、もしかしたら、あるかもしれません。

 

ただ、タグがブランドの名前になっているだけ。ブランド名で何十倍も高く売っていたりして、、、、。

 

私はこの現実にいつもとても考えさせられます。私はたとえ600円のワンピースを着ていても、似合っていれば、自分が幸せならそれでいいと思うのです。わざわざ同じデザインを10倍以上も大金をだして買いたいとは思いません。

 

それなら、そのお金で旅行にいけるかも。

息子にもっとたくさんいろんなことをしてあげられるかも

困っている人に寄付ができるかも

 

そう思ってしまいます。決してブランド物が悪い、高いと言っているのではありませんよ。私も愛用しているブランドのバックやくつはいくつかありますから。

 

でも、物の価値やお金はほかの人がみて決めるものではなく、自分の心の奥底にある、魂?みたいなものが決めるのだと思うのです。

そのソウルに反していれば、それはとても無駄なものだし、自分には必要がないもの。

 

私は今でもある有名なサイキックのオーストラリア人の講師に言われた一言が忘れられません。

 

「たとえあなたが麻袋だけを身にまとっていても、みんなから素敵だといわれる人になりなさい」

そして、麻袋だけをみにまとっていても素敵だといわれる女性になることは誰にでも可能なのですよ。

 

と、そのサイキックの講師は言いました。ええ、まさかね?なんて、そのころは思っていましたが、今、自分のビジネスを通して、本当にたくさんの素敵な女性と出会います。

 

麻袋ではないとしても、素敵で輝いている人は決して外見の美しさだけではだけではなく、もっと奥にある何かがきらきらの宝石のようなんですよね。

 

自分だけの麻袋をこれからも探していきます。

タイに来て、また、大切なことを思い出しました。また、忘れたころに戻ってこれますように。

 

サワディカップ!

<1月開催のセミナーのお知らせ>

1/11(木)「オシャレなストールの巻き方セミナー」@横浜関内 

 

◆10通りの巻き方を90分で習得可、首に巻いているだけのストール使いにさようならできます!

お好きなストール一枚付、魔法のワンピースのご試着&ご購入もできる特典付き♪

詳細はこちら


{8928DA6B-C2E3-43C7-9DA1-AC58F3F3B076}


 

 

1/11(木)・21(日)「プロのスタイリストがあなたにお似合いになるワンピースを参加費無料で選んでくれる!超お年玉企画!魔法のワンピース試着会」@横浜関内
 
1月上旬にタイのバンコクより約300枚の新作の魔法のワンピースが入荷。自分に似合うワンピースが見つからない、似合うものがわからないあなたのための試着会です。参加費無料は今回のみ!!着こなしコンサルタント@吉川ちひろさんの試着会・初開催です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【魔法のワンピースの通販】

ベルFacebook
 7号~15号までの全てのサイズを掲載!

ベルLine@
Line@に
ご登録いただいた方だけの特典をご用意しております
ご登録は無料!

↓5~7号サイズ専用↓

Add Friend 

↓911号サイズ専用↓

Add Friend  
↓1315号サイズ専用↓
Add Friend

 

【魔法のワンピース・代理店を募集中】

委託販売で魔法のワンピースを一緒に販売したい方、全国で募集しております。

→詳細はこちら
 

試着会や魔法のワンピースとのコラボ企画のセミナーの開催日程など、お気軽にお問合せ下さい♪

→お問合せフォーム

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました