うちの母は私のビジネスパートナーです!毎月のレシートの整理をやってくれてます。

プライベート記事(日々のこと)

今日は私の母の話です。

 

私と母との関係は娘と母というよりは、親友という感じ。

 

なーんでも言えちゃうので、時にはぶつかりますが、ぶつかり合いって

時にはスカ――――っとして、ストレス解消。

 

これって夫婦の関係もそうかな?って思うのですが、、、。

それはまた、別の機会に。

 

母が現役で仕事をしていた時は、母は市営の公園の中にある

キヨスク。売店を経営していたので、私は週末になると、

 

バイトとして、働かされていました。

しかも、保土谷球場の中にも売店を持っていたので、

夏休み前は私はもう、腱鞘炎でしたね。

 

どうしてか?

毎日、サンドイッチ300個、スパムむすび200個とか

作っていたので、切って、焼いて、もう色々。

 

中学生から大人になってまで、この母の仕事のヘルプは続きました。

楽しかったですよ。

 

物を売るということは、とても楽しいと思えたのは、

母の売店経営のお陰ですね。

 

ということで、今は、完全リタイアの母が私のビジネスを支えてくれています。

 

母は文句を言わずに、私の指示にしたがって仕事をこなしてくれています。

 

早寝早起きなんで、時々、4時AMに私にLineが。

今日の仕事の指示くださいーーーーーー!

 

ええええ、まだ、4時AMだよ母。

 

頼もしいビジネスのパートナーです。

 

魔法のワンピース®の起業は母なしでは成り立ちません。

個人のお客様の発送はすべて母がやっています。

 

大きな文字のメッセージは母のものです。

 

今年からは私はワンピース以外のビジネスもはじめたので、

もう毎日、いっぱいいっぱいの日々。

 

そこで、母がレシート整理やったげる!とご提案いただきました。

母にとってはこの作業は挑戦です。

 

だって、私でも嫌な作業のNo.1ですからね。

でも、私のためにやってくれています。

 

有難いですね。起業は一人ではできません。

家族の100%のサポートがあれば、100%の良い結果がでると

私は信じています。

 

起業するにあたってあなたに必要なものはなんですか?

 

タイトルとURLをコピーしました