息子にずっと伝えていること、、、、。

バイリンガル息子の成長日記

今日は私の子育てについてです。

 

私の両親は本当に今思えば、ちょっと変わっていたな。

普通とか世間体とか全く気にしない両親だったな、、、。

 

って思うのです。

それが、本当に私には感謝しかないのですが。

 

高校を卒業したら、進学か就職が当たり前だった

私の高校時代。

 

「やりたいことがわかりません」

なので、進学は興味ありません。

 

と、両親に伝えました。

両親は「じゃあ、見つかるまで探せばいいんじゃない?」

やりたいことをやらなきゃ人生損だと言って、、、、。

 

凄いことだなって思うのです。だって、周りの同級生は

フリーターなんて存在がほとんど認知されていない時代でしたから。

 

なので、私はフリーターの先駆けなのです。

 

そんなちょっと変わった両親に愛情いっぱいに育てられた

私が息子にできることは、同じようなことです。

 

息子は一人っ子なので、常に自分が一番と考えることが

多く、思い通りにならないと、泣きます。

 

負けず嫌いだということもありますが、

勝敗に拘ります。

 

でもね、勝つか負けるか?なんて、私はどうでもいいんです。

 

彼が、どんな時も、どんなことも、Try hard ! Play hard! 

でいてくれたら。

 

「勝ち負けは関係ない!どれだけ、トライしたか?」が、

一番大切だと思うよ。

 

と、常に伝えています。

 

その言葉を息子はやっと覚えてくれました。

 

そして、勝ち負けじゃなくて、どれだけトライしたかだよね。

と常に言ってくれるようになりました。

 

そうだよーーーー。

マミーはあなたが勝っても、負けても大好き。

結果は結果だけどその工程が大切です。

 

どれだけ頑張ったかは、自分にしかわからない。

 

負けてもいいから、心が強い男の子になってね。

 

タイトルとURLをコピーしました